2401円 ♭ いぶきエアストーン 50φ×150 #100 1個【♭】 ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム フィルター・エアレーション器具 エアストーン 2401円 ♭ いぶきエアストーン 50φ×150 #100 1個【♭】 ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム フィルター・エアレーション器具 エアストーン /justiciability441349.html,♭,1個【♭】,ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム , フィルター・エアレーション器具 , エアストーン,50φ×150,#100,2401円,nposhinrin.net,いぶきエアストーン ♭ いぶきエアストーン 50φ×150 18%OFF #100 1個 /justiciability441349.html,♭,1個【♭】,ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム , フィルター・エアレーション器具 , エアストーン,50φ×150,#100,2401円,nposhinrin.net,いぶきエアストーン ♭ いぶきエアストーン 50φ×150 18%OFF #100 1個

高価値 ♭ いぶきエアストーン 50φ×150 18%OFF #100 1個

♭ いぶきエアストーン 50φ×150 #100 1個【♭】

2401円

♭ いぶきエアストーン 50φ×150 #100 1個【♭】






■いぶきエアストーンの特徴
・エアストーン全体からムラなく均一に出る細かい泡で、水槽内にすばやく酸素を供給することができます。

・好気性(酸素が好きな性質)の硝化バクテリアの働きも一層活発になり、水質も良くなります。

・1200度の高温で焼結したセラミック製品ですので、丈夫で形崩れすることがありません。

・適度な重量があり、水槽内で水中で動き出す心配もありません。

★使用前に水に浸けて下さい!

製品の中に空気が残った状態のままでエアを送ると空気が残っているところはエアが通りやすいので、そこからばかり泡が出ることになってしまいます。
水に浸けて製品の中に残っているエアを全部抜いてください。


■50φ×150の特徴
・セラミック部分の直径は約50mm、チューブの差込口まで含めた長さは約200mmです。
・重量が約700gと重いので、設置や移動の際に水槽の底などを傷つけたりしないように、三角のプラスチック部分をゴムカバーでおおってあります。
・セラミックをガードする形になっている金属バーはステンレス製ですので錆びにくいです。
・接着剤など使わずにネジで締める構造となっておりますので、市販のボックスドライバーを使って分解することが出来ます。
・分解することで熱などに弱いプラスチック部分をはずせば、煮沸や洗浄液に漬けるなどしてストーン部分を再生させることが可能です。
・ホース差込口は竹の子状で、内径8~12mmのホースを差し込むことが出来ます。

■製品仕様
品名  50φ×150 #100
製品寸法直径約50mm×長さ約200mm
製品重量約700g
ホース差込口内径8~12mmのホース用
推奨風量8リットル前後

■#の数字について
#の後ろの数字は泡のセラミックに空いている孔の細かさを表しています。

ただしこの数字は、例えば#100というのがセラミックに空いている平均気孔径100ミクロンということではなく、原材料に起因した番号です。
参考までに#100の場合、平均気孔径は約20ミクロン前後です。

#の後ろの番号が大きくなれば製品に空いている孔の大きさは小さくなり、泡も細かくなります。
逆に#の後ろの数字が小さくなれば製品に空いている孔は大きくなり泡も大きくなります。


■エアポンプ風量との関係
どのエアストーンにどの風量のエアーポンプがいいかということはエアストーンのサイズはもちろん、水深とも大きく関係します。

例えば、風量が1000ccのエアポンプでも、水深20cmでお使いになるのと水深40cmでお使いになるのでは実際の風量が大きく変わりますので、その点もご注意下さい。

通常の内径5~6mmのホースに接続する場合は、異径ホース継手をご利用ください。
こちら↓



鯉 錦鯉池 錦鯉水槽 金魚池 金魚水槽 エアーストーン
錦鯉販売 錦鯉通販の大谷錦鯉店
鯉 錦鯉1匹より販売 水槽錦鯉も販売中

♭ いぶきエアストーン 50φ×150 #100 1個【♭】

人気商品ランキング Ranking

新着・再入荷商品 New Arrival

サイズからソファを選ぶ Sofa Size

タイプからソファを選ぶ Sofa Type

テイストからソファを選ぶ Sofa Taste

サイズで選ぶ
タイプで選ぶ
ソファ選びのヒント

ソファ選び ワンポイントアドバイス Advice

サイズは1人掛け用から、6〜7人掛けの大人数用まで幅広くご用意がございます。1人掛け用は座椅子タイプやコンパクトなローソファ、大人数の用は定番のストレートタイプ以外にも、コーナーソファ等、形も様々ございます。
デザインは、どんなお部屋にも馴染みやすいシンプルでナチュラルなものから、高級感のあるハイバックタイプレザータイプ、人気のアジアン・北欧スタイル等幅広くご用意しております。
最近では機能面も充実しており、脚を伸ばして寛ぐ事ができるカウチソファやリクライニング機能がついたソファもございますので、ご自身の部屋タイプやライフスタイルに合わせ、理想のソファを見つけていただければと思います。

ローソファの一覧を見る

ワンルームや一人暮らしのような狭い部屋にソファを置く場合、「利便性とコンパクトさ」がポイントになります。コンパクトなソファの一例として、座椅子タイプのソファやソファベッドが挙げられます。座椅子タイプは基本的に1人掛けでリクライニング機能がついているものが多く、一人で思い切り寛ぐ事ができます。高さがないのでお部屋に圧迫感が出にくい点からも、狭い部屋に適しているアイテムとなっております。ソファベッドはその名の通り、普段は普通のソファとして使用し、背もたれや座面を引き延ばせばベッドのように寝転がる事ができる点が特徴です。別でベッドを置く必要が無く、ソファ下に収納スペースがある物もありますので、物がごちゃつきがちなワンルームに最適のアイテムです。

ソファベッドの一覧を見る

お手入れのしやすいソファの一例として、PVCレザーを使用したソファが挙げられます。PVCレザーは布製に比べ水や汚れに強く、万が一食べ物や飲み物等をこぼしてしまっても乾拭きで簡単に綺麗にする事ができます。小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、ペットを飼っているご家庭におすすめのアイテムとなっております。基本的には乾拭きで十分ですが、専用のオイルやクリームを定期的に使用していただくと、レザー特有のひび割れを防ぎ、より綺麗な状態を保つ事ができます。但し、白いレザーはまれに黄ばみが発生する事がありますので、直射日光の当たらない場所に設置する等の工夫が必要になります。

レザーソファ一覧を見る

ファミリー向けのソファの一例として、コーナーソファが挙げられます。コーナーソファは、一般的にはお部屋の角を利用してL字型に設置します。コーナーソファの最大の特徴は、「ライフスタイルに合わせて形を変形させる事ができる点」になります。
最近では分割式になっているタイプが多く、そのままコーナーソファとして使用したり、ストレートタイプに分割して使用する事ができ、家族構成が変わった際や来客時にも柔軟な対応が可能となっております。サイズも4人掛け程度のコンパクトなものから、6〜7人掛けの大型なものまで幅広くご用意がございます。

コーナーソファの一覧を見る

ソファには、脚を伸ばせるような細長い寝椅子があります。最近ではこのような細長い寝椅子に、横長のソファを組み合わせたL字型のソファが多く、これを総称してコーナーカウチソファと呼ぶことが主流となっています。コーナーカウチソファは思い切り脚を伸ばして寛ぐ事ができ、デザインについても高級感のあるものが多く、お部屋にインパクトを与えてくれるアイテムです。設置するのに広いスペースが必要になりますが、カウチ部分がスツールになっていて分割できるタイプ等もございますので、ご自身のお部屋やライフスタイルに合ったものを探していただければと思います。

コーナーカウチソファの一覧を見る

ソファは完成品組立品の2タイプがございます。完成品は組み立ての必要がなく、組み立てが苦手という方や、手間を省きたいという方におすすめしております。届いたその日からすぐ使える点がメリットとして挙げられます。組立品は、どうしても手間が増えてしまいますが、引っ越しの際に分割梱包で輸送費を抑えられることが多く、できるだけお値段を抑えたいという方におすすめです。なお、組立品であってもソファの脚のみを取り付けるタイプや、カバーリングをするだけのタイプ等商品によって組み立て方が異なります。詳しくは各商品のページをご確認いただけると幸いです。

カバーリングソファの一覧を見る

収納付きのソファには主に3つの種類がございます。1つ目は、ソファ下に引き出しがついたタイプです。収納付きベッドと同じような感覚で使用する事ができ、容量も十分ございますので、季節に合わせてラグや布団等を収納する事ができます。2つ目は、座面を外して収納するタイプです。引き出しのような取っ手が無いため、収納アイテムといった印象が無く、一見普通のソファのようにみせる事ができます。容量も引き出しタイプに引けを取りません。3つ目はスツールタイプになります。こちらも座面を外して収納するタイプとなっていますが、ソファよりもコンパクトで持ち運びが楽なため、リビングの他にも玄関や寝室等でも活躍するアイテムです。

収納付きソファの一覧を見る